ベートーヴェン:交響曲第6番 <田園>

金 聖響「ベートーヴェン:交響曲第6番 <田園>」の音楽ダウンロード
アルバム AAC 128/320kbps
第1楽章のテーマが鳴ったとき「金聖響とOEKの出会いは幸せなものだったんだ」と感じさせられた。2003年からスタートしたOEKとのベートーヴェン・プロジェクト。それはピリオド奏法による表現の可能性を追求するための共同作業であったに違いない。交響曲第2、7番を皮切りに、第3番、第5番を経て「田園」にたどり着いたわけだが、ここでは聴き手にわずかな違和感も与えてはならない。ピリオド奏法だからこそ可能になる自然で軽やかなリズム、さわやかな響き。里山で初夏の風に吹かれているような快さが聴き手を包み込んでこそ、彼らの追い求めてきた表現の成果であるに違いないからだ。 その成果は、OEKの演奏スタイルにとっても大きな影響をもたらすことになる。ここでの金聖響には強引さはほとんど見られない。むしろオケの自発性を巧みに引き出しながら、彼らとのコラボレーションを愉しんでいる。かつての巨匠たちの肥大した表現とは異なる新鮮な「田園」の風景だ。(CDジャーナル)
すべて表示
閉じる

ベートーヴェン:交響曲第6番 <田園>

<金 聖響「ベートーヴェン:交響曲第6番 <田園>」の音楽ダウンロード
第1楽章のテーマが鳴ったとき「金聖響とOEKの出会いは幸せなものだったんだ」と感じさせられた。2003年からスタートしたOEKとのベートーヴェン・プロジェクト。それはピリオド奏法による表現の可能性を追求するための共同作業であったに違いない。交響曲第2、7番を皮切りに、第3番、第5番を経て「田園」にたどり着いたわけだが、ここでは聴き手にわずかな違和感も与えてはならない。ピリオド奏法だからこそ可能になる自然で軽やかなリズム、さわやかな響き。里山で初夏の風に吹かれているような快さが聴き手を包み込んでこそ、彼らの追い求めてきた表現の成果であるに違いないからだ。 その成果は、OEKの演奏スタイルにとっても大きな影響をもたらすことになる。ここでの金聖響には強引さはほとんど見られない。むしろオケの自発性を巧みに引き出しながら、彼らとのコラボレーションを愉しんでいる。かつての巨匠たちの肥大した表現とは異なる新鮮な「田園」の風景だ。(CDジャーナル)
すべて表示
閉じる
アルバム AAC 128/320kbps

アルバム

AAC 128/320kbps
6曲 | 45:41 | 51.1 MB  2014/10/10 配信
2,138円 (税込)
2,138コイン | 2,138P

  • ※価格は税込みです。
  • ※「ドコモ払い」の他、「クレジットカード」及び「dカード」がご利用可能です。(お客様の回線契約状態により利用可能な決済手段は異なります)
とじる
pagetop