星の巡礼

Toshi-Kazu 寿和「星の巡礼」の音楽ダウンロード
アルバム AAC 128/320kbps
オカリナは紀元前1世紀より存在し、19世紀にイタリア人が発展させたとされる素朴な楽器だ。2オクターヴに充たぬほどと音域は狭いが、その音色は素朴な温かみをはらんでいる。それはまるで古老の語り部が紡ぎ出したいにしえの物語のようでもあり、未だ見果てぬ幼年時代のおぼろげな夢のようでもある。<br> オカリナの音色に惹かれ、オカリナ製作と演奏で身を立てようと志してはや20年余という。96年に50歳目前に発表した初めてのアルバム『スピカ/星宿』から3年を経て、本作が2作目となった。シンセサイザーとコーラスによるバック・サウンド、といってもほぼドラムレスで全体に穏やかな表情のものだが、そこにオカリナの音色が美しく映える。心の柔らかいところに届いてくる響きだ。日本民謡からJ-POPに至るまで、古くから日本人にごく自然に親しまれてきている音階を用いたメロディが、馴染み深い空気を醸し出している。(CDジャーナル)
すべて表示
閉じる

星の巡礼

<Toshi-Kazu 寿和「星の巡礼」の音楽ダウンロード
オカリナは紀元前1世紀より存在し、19世紀にイタリア人が発展させたとされる素朴な楽器だ。2オクターヴに充たぬほどと音域は狭いが、その音色は素朴な温かみをはらんでいる。それはまるで古老の語り部が紡ぎ出したいにしえの物語のようでもあり、未だ見果てぬ幼年時代のおぼろげな夢のようでもある。<br> オカリナの音色に惹かれ、オカリナ製作と演奏で身を立てようと志してはや20年余という。96年に50歳目前に発表した初めてのアルバム『スピカ/星宿』から3年を経て、本作が2作目となった。シンセサイザーとコーラスによるバック・サウンド、といってもほぼドラムレスで全体に穏やかな表情のものだが、そこにオカリナの音色が美しく映える。心の柔らかいところに届いてくる響きだ。日本民謡からJ-POPに至るまで、古くから日本人にごく自然に親しまれてきている音階を用いたメロディが、馴染み深い空気を醸し出している。(CDジャーナル)
すべて表示
閉じる
アルバム AAC 128/320kbps
とじる
pagetop