Missing Half

杏子「Missing Half」の音楽ダウンロード
アルバム AAC 128/320kbps
マーティン・デニーを彷彿とさせるモンド風イントロで始まる「シンガプーラ」は76年の加藤和彦&安井かずみの名曲。かと思えば、ガロのデビュー曲「たんぽぽ」(71年)が収録されていて、ミドル・エイジ以上にとっては、懐かしい選曲が嬉しい。とはいっても、冒頭の「口いっぱいの愛を」は、挑発的なギターのリフで始まり、これぞロックというサウンドが炸裂する。このアクの強いバックに一歩も引けを取らない杏子のヴォーカルが冴えている。元バービーボーイズという冠とは、とうの昔に決別している彼女のヴォーカルが、さらに凄みを増したことを実感する。正直、バービー時代のヴォーカルはバービーらしさを求められたきらいがあって、没個性の杏子だったが、ソロになって他流試合(福耳ほか)にもまれる中で、自分らしさがいい方向に結実しつつある。40代以上にも十分説得力あるエモーショナルで力強いサウンドのディテールの一つ一つに、70年代のあれやこれやの音がちりばめられて、思わずニンマリした。(CDジャーナル)
すべて表示
閉じる

Missing Half

<杏子「Missing Half」の音楽ダウンロード
マーティン・デニーを彷彿とさせるモンド風イントロで始まる「シンガプーラ」は76年の加藤和彦&安井かずみの名曲。かと思えば、ガロのデビュー曲「たんぽぽ」(71年)が収録されていて、ミドル・エイジ以上にとっては、懐かしい選曲が嬉しい。とはいっても、冒頭の「口いっぱいの愛を」は、挑発的なギターのリフで始まり、これぞロックというサウンドが炸裂する。このアクの強いバックに一歩も引けを取らない杏子のヴォーカルが冴えている。元バービーボーイズという冠とは、とうの昔に決別している彼女のヴォーカルが、さらに凄みを増したことを実感する。正直、バービー時代のヴォーカルはバービーらしさを求められたきらいがあって、没個性の杏子だったが、ソロになって他流試合(福耳ほか)にもまれる中で、自分らしさがいい方向に結実しつつある。40代以上にも十分説得力あるエモーショナルで力強いサウンドのディテールの一つ一つに、70年代のあれやこれやの音がちりばめられて、思わずニンマリした。(CDジャーナル)
すべて表示
閉じる
アルバム AAC 128/320kbps

アルバム

AAC 128/320kbps
11曲 | 54:21 | 54.7 MB  2017/04/01 配信
アルバム(まとめて購入)なら650円お得
2,100円 (税込)
2,100コイン | 2,100P

  • ※価格は税込みです。
  • ※「ドコモ払い」の他、「クレジットカード」及び「dカード」がご利用可能です。(お客様の回線契約状態により利用可能な決済手段は異なります)
とじる
pagetop