プロフィール
アメリカ・デビューは 「天空」。「ザ・ライト・オブ・ザ・スピリット」ではグレイトフル・デッドのドラマー、ミッキー・ハート と共作し、初のグラミー賞ノミネート、アメリカ国内だけで200万枚以上のセールスを記録と同時に初の全米ツアーを実施。オリバー・ストーン監督の映画「天と地」の音楽を担当しゴールデン・グローブ賞ベスト・オリジナル・スコア部門を受賞。さらにグラミー賞ニューエイジ・アルバム部門を受賞した「Thinking of You」など、喜多郎は精力的 に作品をリリースし続けている。
「空海の旅」で10度目のノミネーションをとげた。文化と思想の融合を開拓してきた第一人者。
すべて表示
閉じる
とじる
pagetop