ジェフ・ラング

ジェフ・ラング

プロフィール
1969年、オーストラリア生まれのシンガー・ソングライター/ギタリスト。バンジョー、ラップ・スティールなども巧みに操る。94年に『RAVENSWOOD』でデビュー、オーストラリアのルーツ・ミュージックにさまざまな音楽を取り入れ注目を浴びる。アコースティックとエレキのギターを同時に鳴らすという手法を独自に生み出し、ジョン・バトラーにもそのテクニックを教えた。本国ではコンスタントに12枚のCDを発表していたが、2008年、日本初上陸となる編集盤『ビトゥイーン・ザ・ダート・アンド・スカイ』を発表した。
すべて表示
閉じる
とじる
pagetop