ジョヴァンカ

ジョヴァンカ

プロフィール
70年代に生まれ、ディオンヌ・ワーウィックやミニー・リパートンなどのアーティストに傾倒するも、80年代にはポップス、90年代にはヒップホップに影響を受ける。
モデルとして10代からヨーロッパ中のトップ・ファッション・モデルとして数多くのファッション・ショーに参加しており、オランダを代表する黒人モデルとして今も活躍中。雑誌にもオランダのELLE誌やCOSMOPOLITAN誌をはじめ、数多く起用されている。
ウーター・ヘメルのアルバムに参加した際、ウーターとデュエットを披露し、彼女の声が初めて世間に披露された。そしてウーターのプロデューサーであったベニー・シングスが彼女の才能に惚れ込みアルバム制作がスタート、2年にも及ぶレコーディングを経て、遂に待望のファースト・アルバムが完成した。
すべて表示
閉じる
とじる
pagetop