ハレー・ストリング・クァルテット

ハレー・ストリング・クァルテット

プロフィール
1985年、ハレー彗星の大接近に因んで名づけられ、結成された。1986年に民音室内楽コンクールで優勝し、注目を集める。1987年にカザルス・ホールのレジデント・クァルテットとして活動を始める。1991年イギリスのジャパン・フェスティヴァルに参加、1993年には東南アジア・ツアー、1997年にはプエルトリコのカザルス音楽祭に出演など、我が国を代表する四重奏団として世界的に活躍している。メンバーは、ヴァイオリンの漆原啓子(第1)、松原勝也(第2)、ヴィオラの豊嶋泰嗣、チェロの山本祐ノ介。1996年以降ヴァイオリンが篠崎史紀に、チェロが向山佳絵子に替わった。
すべて表示
閉じる

最新曲

50音順

関連アーティスト

とじる
pagetop