大城美佐子 & よなは徹

大城美佐子 & よなは徹

プロフィール
【大城美佐子 プロフィール】

大阪、大正区に生まれる。
幼少期を沖縄本島北部・辺野古(名護市)で過ごす。20歳頃本格的に三線を習い始める。料亭の仲居をしているときに知人の紹介で知名定繁の門をたたく。
1962年シングル「片思い」でレコードデビューし大ヒット。情歌、速弾きと何でもこなし、嘉手苅林昌、知名定男等とのデュエットでも知られる。
1997年「絹糸声」のリリースはその存在をファンに再認識させ、翌年の映画「夢幻琉球つる・ヘンリー」、1999年の「ナビィの恋」、2002年「ホテルハイビスカス」、2007年「涙そうそう」に出演するなど、その芸の広さと独特の存在感を全国にアピールした。
2007年1月約10年振りのアルバム「唄ウムイ」を、同年10月にライブDVD『一期一会片思い』をリリース。
いまや沖縄を代表する女性唄者の第一人者である。

【よなは徹 プロフィール】

1976年、北谷町生まれ。民謡歌手だった父に3才から唄と三線を習う。琉球古典音楽野村流教師、国指定重要無形文化財「組踊」伝承者、全島ナ-クニ-大会優秀歌唱賞を受賞など、古くからの民謡を歌いこなす一方で、ギターやキーボードといった洋楽器の演奏や新しいうたの作曲、そして若い民謡アーチストのプロデュ-ス、津軽三味線奏者とのコラボレーションなど、新しい島唄の世界を切り開く沖縄民謡の次代のホープとして注目される。
すべて表示
閉じる

最新曲

50音順

最新アルバム

関連アーティスト

とじる
pagetop