プロフィール
富貴晴美(ふうきはるみ) 作曲家・ピアニスト
1985年、大阪府出身。映画『わが母の記』(12/原田眞人監督)で、第36回日本アカデミー賞優秀音楽賞を最年少で受賞。主な作品に、『はじまりのみち』(13/原恵一監督)、『日本のいちばん長い日』(15/原田眞人監督)、『きょうのキラ君』(17/川村泰祐監督)、『関ヶ原』(17/原田眞人監督)、『嘘八百』(18/武正晴監督)、『嘘を愛する女』(18/中江和仁監督)、『不能犯』(18/白石晃士監督)、『検察側の罪人』(18/原田眞人監督)、『かぞくいろ』(18/吉田康弘監督)など。2014年放送開始のNHK連続テレビ小説「マッサン」に続き、2018年はNHK大河ドラマ「西郷どん」 を手掛ける。NHKアニメ「ピアノの森」も好評を博す。
すべて表示
閉じる
とじる
pagetop