プロフィール
幼少の頃をアメリカで過ごし、R&B, HIP HOPなど本場の恵まれた音楽環境の中で育つ。社会人経験を経て、あるオーディションに合格した事をきっかけに、アメリカデトロイト市にてスティービー・ワンダー・バンドのキース・ジョン他、現役プロデューサーから本場モータウンのR&Bを学び帰国。その際アメリカで制作したデモテープが業界内で話題となり、デビューへと繋がる。
2002年11月リリースFantastic Plastic Machine「Why Not?」にヴォーカリストとして参加。2003年6月Warner Music Japanより「Almost There」でデビュー。2003年10月にリリースされたm-floのシングルm-flo loves melody.&山本領平「miss you」へのフィーチャリング参加で、その存在感をさらにアピールした。その他にも野宮真貴、Heartsdales、Sunaga t Experience、GTS、hiro、冨田ラボ等、フィーチャリングやコーラス参加などの外仕事のオファーは後を絶たない。日本人離れしたオリジナリティ溢れるヴォーカル・スタイルとアーバンかつスタイリッシュなサウンド・プロダクツで注目を集めている。
2004年9月に☆Taku(m-flo),Fantastic Plastic Machine,COLDFEET他、シーンを牽引する豪華メンバーが多数参加した1stアルバム「Take Over」をリリースするなど、現在まで4枚のシングルと1枚のアルバムをリリース。
2005年はm-floのフィーチャリングヴォーカリストとして「ROCK IN JAPAN 05'」、「a-nation」など、大型野外フェスや日本武道館を含む全国ツアー、韓国公演などゲスト参加を果たし各会場を沸かせた。2006年、rhythm zoneに移籍し、アーティスト名を山本領平からRyoheiと変え、VERBAL(m-flo)をフィーチャリングアーティストに迎えた「onelove」が日本テレビ系水曜ドラマ「神はサイコロを振らない」の主題歌に決定、移籍後初のMaxi Singleとして2006年3月8日リリース。新たなスタートを切った。
すべて表示
閉じる
とじる
pagetop