菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール

菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール

プロフィール
1963年6月14 日、千葉県出身。音楽家、文筆家、音楽講師。
アバンギャルド・ジャズからクラブシーンを熱狂させるダンス・ミュージックまでをカバーする鬼才。
1984年プロデビュー後、山下洋輔グループなどを経て、デートコース・ペンタゴン・ロイヤルガーデン、スパンクハッピーといったプロジェクトを立ち上げるも、2004年にジャズ回帰宣言をし、ソロ・アルバム「デギュスタシオン・ア・ジャズ」、「南米のエリザベス・テイラー」を発表。2006年7月にUA×菊地成孔名義で発表したスタンダード・ジャズ・アルバム「cure jazz」が大ヒット。現在は「菊地成孔ダブ・セクステット」、「菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール」、「菊地成孔 南博」のという3つのプロジェクトで活動中。最新アルバムは菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラールの「ニューヨーク・ヘル・ソニック・バレエ」(ewe)。Bunkamuraオーチャードホール年末2夜公演を2007年~2009年の三年に渡って成功させている。音楽講師としては私塾「ペンギン音楽大学」を主宰するほか、映画美学校でも教鞭を執り、さらに、2005年まで東京大学教養学部の非常勤講師を務め、2006年国立音楽大学非常勤講師、2007年東京藝術大学講師、2008年慶応義塾大学、そして2009年からは再び東京藝術大学講師で講師を務める。また、驚異的な博識と饒舌な文体で、エッセイストとしても高い評価を受け、音楽雑誌、ファッション雑誌、文芸誌など、多彩な媒体で活躍中。
すべて表示
閉じる
とじる
pagetop