キム・カシュカシャン

キム・カシュカシャン

プロフィール
1952年、デトロイト生まれのヴィオラ奏者。ピーボディ音楽院、フィラデルフィア音楽院でワルター・トランプラーやカレン・タルトらに師事し、ニューヨークのシークリフ室内アンサンブルなどの室内楽団の奏者を歴任する。1980年、ミュンヘン国際コンクールで第3位になりその後、ソロ活動も活発となる。名ヴァイオリニストのクレーメルとの共演で脚光を浴び、ヴィオラのレパートリーの拡大に意欲を燃やしている。
すべて表示
閉じる
とじる
pagetop