プロフィール
スムース・ジャズ・シーンの若き精鋭。当初、リリカルなピアニストとして人気を博すが、骨太なファンクも得意技。2008年にEW&Fのモーリス・ホワイトのプロデュースで『ブリンギング・バック・トゥ・ザ・ファンク』を発表、イメージをがらりと変えた。
すべて表示
閉じる

最新曲

50音順

最新アルバム

関連アーティスト

とじる
pagetop