プロフィール
北海道出身のピアニスト。4歳よりピアノを習い始める。桐朋女子高等学校音楽科を経て同大学、同大学研究科で研鑽を積む。94年からハンガリー国立リスト音楽院で同国政府給費留学生としてピアノの腕を磨き、その留学中にマリア・カナルス国際コンクール特別第1メダル(第4位)など、数々の国際コンクールに出場し入賞。2004年、クラシック・アルバム『LISZT-SCHUBERT』でCDデビューすると、『レコード芸術』『音楽現代』など各誌から高く評価され一躍脚光を浴びる。2005年に発表された権龍模作品集『祈り』では全曲ピアノを担当、ジャンルの垣根を超えた高い演奏技術と表現力が絶賛される。
すべて表示
閉じる
とじる
pagetop