スマホ・パソコンの音楽ダウンロード、曲のランキングなら【dミュージック】

アーティスト

  • TOP
  • アルバムデイリー

デイリーアルバムランキング

1/22 更新

※このランキングはレコチョク全体のランキングとなります。
当ストアで取扱いのない楽曲も含まれますので、あらかじめご了承ください。

  • 3 | 

    globeのデビュー15周年を記念したベスト・アルバム。カラオケ人気ランキングのトップ28曲に加え、TM NETWORK「Get Wild」なども収めた計30曲の"おいしいトコどり"盤だ。CD-EXTRA仕様。(CDジャーナル)

  • 8 | 

    2016年12月28日リリースのベスト・アルバム。フジテレビ系"月9"ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』主題歌「クリスマスソング」やライブ定番曲「高嶺の花子さん」、会話で紡いだ歌詞を綴った「花束」などをCD2枚に収録している。(CDジャーナル)

  • 10 | 

    昨年発売された初のベストアルバム『軌跡 BEST COLLECTION+』が大ヒット中のなか、「ガリバー」「住宅情報館」の本人出演大型CMタイアップ楽曲をリリース!勢いはとどまることを知らない和楽器バンド、要チェック曲!

  • 11 | 

  • 12 | 

    デビューから5年、GENERATIONS初のベストアルバム!全シングル曲に加え、ハイテンションなダンスナンバーの新曲「ALRIGHT! ALRIGHT!」も収録。“これまで”と“これから”を感じられる作品!

  • 16 | 

    懐かしのディスコ・ヒット・ナンバーを、ハイクオリティーなカヴァーで収録、シリーズ第1弾。カヴァーだからこそ可能な究極の選曲とお得な価格に注目!迫力のホーンセクションや美麗なコーラスワーク、原曲の時代感まで再現したこだわりのサウンドです。

  • 17 | 

    「千本桜」を始めとして、2013年の結成以降MUSIC VIDEOとして発表された全楽曲を音と映像にて完全収録!そして今作のために書き下ろされた新曲「花一匁(はないちもんめ)」「拍手喝采」「シンクロニシティ」を収録!さらにボーナストラックとして「東風破-日本語バージョン-」も収録。

  • 19 | 

    新曲も旧曲も分け隔てなく並んだ、ベスト&新譜2枚組。確かに大ヒットしたシングルも耳慣れぬ新曲も、同じ雰囲気で違和感なく、むしろ新鮮な気持ちで全曲通して聴いてしまう。この5年間で作曲のテンションやエッセンスが変わっていないとは、サスガ大家。(CDジャーナル)

  • 21 | 

  • 22 | 

    自身初となるバラード・ベスト。ヴァイオリニストの葉加瀬太郎を迎え、壮大かつドラマティックに展開される「CAN YOU CELEBRATE?」と、「SWEET 19 BLUES」は新たにヴォーカルを収録。バラディアーとしての彼女の繊細なヴォーカル・テクニックはもちろん、その感情表現の豊潤さに圧倒される。(CDジャーナル)

  • 26 | 

    結成20周年とメンバーが振り付けと指導を担当するダンス&エクササイズDVDのヒットへの感謝を込めて企画されたコンピレーション。同シリーズで使用された、今も新鮮な輝きを放つ90年代のヒット・ナンバーなどを収めたCDと各曲のPVにエクササイズのダイジェスト映像を加えたDVDによる2枚組。(CDジャーナル)

  • 27 | 

    結成13年を経て、満を持してリリースされたベスト盤。沖縄出身だけあって、爽快感と雄大さが彼らの醍醐味だということをあらためて実感。沖縄民謡のフレーズを取り入れたり、ストリングスを交えたりとアレンジにも趣向をこらし、聴き手を飽きさせない。DVDも付属しているのでファン必携のアイテムだ。(CDジャーナル)

  • 28 | 

  • 29 | 

    2011年の再始動よりリリースされたSINGLE全13タイトル、ALBUM全4タイトルより選ばれた楽曲に、新たに再レコーディングした「どうして君を好きになってしまったんだろう?」他、大ヒット3曲を加えた“全40曲”を一斉配信開始!!

  • 30 | 

  • 31 | 

    「Dear My Friend」「出逢った頃のように」「Time goes by」ほか、ヒット・ナンバーを多数生み出してきたELTのコンプリート・ベスト。彼らが発表した全シングルから、ファン投票によって厳選された楽曲を収録。(CDジャーナル)

  • 32 | 

    CD3枚組で計50曲を収録したベスト盤。選曲にあたっては、売上枚数のほかに、年間で延べ4000万人以上が利用しているというカラオケでの選曲データやファンからの人気ベスト3が考慮されている。まさにファンが好きなドリカムの楽曲ベスト選曲。ファンへの大きな感謝が感じられるアルバムだ。(CDジャーナル)

  • 35 | 

    2016年2月シングル「あいたい」で鮮烈なデビュー。“今、もっとも泣ける歌”として大きな話題となり、同年末には「日本レコード大賞新人賞」、「日本有線大賞新人賞」を受賞。2ndシングル「晴れた日に、空を見上げて」がテレビ朝日系木曜ドラマ「就活家族」主題歌に抜擢。3rdシングル「だきしめたい」がロングセールスを続ける中、待望のファーストアルバムをリリースが決定!シングル表題曲を全て網羅し、阿久悠の未発表詞に吉田拓郎が作曲した「この街」も収録。林部智史入門編にしてベストアルバムとも言える作品!

  • 40 | 

    "ハチ"としても人気を集める男性シンガー・ソングライターのセカンド・アルバム。誰もが楽しめるポップスという枠組みの中でいかに面白いことに挑むかをテーマにしたような曲が並んでいるが、中でも阿波踊りを思わせる「ホラ吹き猫野郎」などにこの人の潜在的なビート感を見いだすことができる。(CDジャーナル)

  • 41 | 

    WHAT'S UP GREATEST HITS 2 ヴァリアス・アーティスト

  • 44 | 

    東方神起、再始動後初の新曲“Reboot”は、東方神起の真骨頂であり、さらに重厚感を増したダンス楽曲!(カンテレ・フジテレビ系 ドラマ「明日の約束」主題歌)さらに自身の名バラードを再録した「Begin ~Again Version~」も配信!!

  • 45 | 

    WHAT’S UP GREATEST HITS ヴァリアス・アーティスト

  • 49 | 

    前作『YANKEE』から1年半ぶりの3rdアルバム。エレクトロ・サウンドを取り入れたシングル「アンビリーバーズ」をはじめ、新たな"米津ワールド"の幕開けを告げる一枚になっている。(CDジャーナル)

  • 50 | 

    2015年9月25日リリースのベスト・アルバム。「ムーヴス・ライク・ジャガー」をはじめ、「ペイフォン」や「サンデー・モーニング」などヒット曲を多数収録している。マルーン5の入門盤にもピッタリな一枚。(CDジャーナル)

全画面ボタ ン
  • 再生 停止

 /  ※試聴は全てシングル(AAC)の音質で再生されます。