スマホ・パソコンの音楽ダウンロード、曲のランキングなら【dミュージック】

アーティスト

  • TOP
  • アルバムデイリー

デイリーアルバムランキング

12/10 更新

※このランキングはレコチョク全体のランキングとなります。
当ストアで取扱いのない楽曲も含まれますので、あらかじめご了承ください。

  • 4 | 

    2000年6月に限定発売された『クイーン・イン・ヴィジョン』をリニューアル。日本企業のCMや洋画に使われた有名曲を網羅。べスト・アルバムと言えるので、入門用にもうってつけだ。(CDジャーナル)

  • 6 | 

    デビュー10周年を記念して発売されるベスト・アルバム。デビュー曲「poker face」から「Mirrocle World」まで、現在リリースされているシングル全43曲で構成している。さらに、人気の高い「Who...」を新たにレコーディングし直して収録。聴きどころ満載の作品。

  • 7 | 

    沖縄出身のHYによるバラード・ベスト集。もともとミクスチャー要素も多いバンドである一方で、鍵盤の仲宗根 泉は自身の経験も反映させたラブ・バラードの名ソングライターでもある。彼女の詩集からの2曲も含め合計12曲。同性ならグッとくる表現と歌心に癒され、また詞に共感もできるはず。(CDジャーナル)

  • 8 | 

    globeのデビュー15周年を記念したベスト・アルバム。カラオケ人気ランキングのトップ28曲に加え、TM NETWORK「Get Wild」なども収めた計30曲の"おいしいトコどり"盤だ。CD-EXTRA仕様。(CDジャーナル)

  • 9 | 

    1989年〜2014年、X JAPANメジャー・デビュー25周年のプレゼントのように感じられる再編成配信プロジェクト。「MEDIA SELECTION」とテーマされた本作は、現在進行形なX JAPANらしさ溢れる選曲で、「.I.V.」からはじまり、前半が「JOKER」でスパークして、「ENDLESS RAIN」、「Say Anything」で終わるヴァーチャル・ライブ感の強い選曲。 *収録内容に、オリジナル音源に一部ライブ音源を加えております。予めご了承ください。

  • 10 | 

  • 12 | 

    2016年12月28日リリースのベスト・アルバム。フジテレビ系"月9"ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』主題歌「クリスマスソング」やライブ定番曲「高嶺の花子さん」、会話で紡いだ歌詞を綴った「花束」などをCD2枚に収録している。(CDジャーナル)

  • 13 | 

    結成13年を経て、満を持してリリースされたベスト盤。沖縄出身だけあって、爽快感と雄大さが彼らの醍醐味だということをあらためて実感。沖縄民謡のフレーズを取り入れたり、ストリングスを交えたりとアレンジにも趣向をこらし、聴き手を飽きさせない。DVDも付属しているのでファン必携のアイテムだ。(CDジャーナル)

  • 16 | 

  • 18 | 

    Utada名義のアルバム『EXODUS』から1年9ヵ月、宇多田ヒカル名義のアルバム『DEEP RIVER』から4年ぶりとなるニュー・アルバム。ポップにして斬新な日本語詞とリズム・トラックのユニークなコンビネーション、その淀みないフロウを内包した情感豊かなメロディ・ラインこそが彼女の武器であるだけに個人的には『EXODUS』での海外進出には疑問があったもののの、ティンバランドやマーズ・ヴォルタのジョン・セオドアを迎えるなど、常に新しい方向へと向けていた彼女の眼差しは本作にあっても変わらない。大きな変化を遂げたのは、彼女の内面がカジュアルな言葉で歌われることが増え、それにともなってリスナーと作品の距離感が一気に縮まったこと、また歌われる内面世界も倫理的な善悪が交錯したり、清濁を合わせ持つことで一気に深みを増している点にある。ビッグ・セールスを記録したアーティストは、とかく一般的なリスナーの感覚と乖離しがちで、表現者の解消できず、共有もできない孤独が作品ににじむことが多いけれど、その回避のために本作の歌が紡がれているように思える瞬間も。そう感じられるほどに本作の距離感は絶妙なものがあって、思わず唸らされる。 作品それ自体はシングル「PASSION」から3年を経過しているだけに、歌詞だけ取ってみれば、つるりと聴くことはできないが、逆に楽曲のヴァリエーションがアルバムを聴く際の推進力になっていて、4曲の既発シングルはもちろんこと、ハウス・トラックの「This Is Love」、ストレートなR&B「日曜日の朝」、THE BACK HORNの山田将司を迎え、ボサ・ノヴァのリズムを折り込んだブレイクビーツを展開させる「One Night Magic」と、新録曲は大上段のポップ・チューンが目白押しで、繰り返し聴き込んでいくほどに絡み合った歌詞世界も解きほぐれ、悲しみや晴れやかな空の色が溶かしこまれた深いブルーの色彩が広がってゆく。(CDジャーナル)

  • 23 | 

    大人気のスマートフォン向けゲーム「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」よりハロー、ハッピーワールド!が3枚目のシングルをリリース!表題曲の「キミがいなくちゃっ!」はハロー、ハッピーワールド!バンドストーリー2章にあわせて書き下ろされた楽曲。パレードを思わせるようなとびきりハッピーなナンバーを、メインボーカル弦巻こころ役・伊藤美来をはじめとした豪華なメンバーが賑やかに歌い上げる。聴けば絶対元気になれちゃうハロー、ハッピーワールド!の最新作を、どうぞお楽しみに!

  • 27 | 

  • 28 | 

  • 29 | 

    デビュー25周年を記念した、中森明菜の紙ジャケット・コレクション。本作は、1986年にリリースされた2枚目のベスト・アルバム。デビュー曲から「SOLITUDE」までのシングル曲を網羅。(CDジャーナル)

  • 32 | 

    「Dear My Friend」「出逢った頃のように」「Time goes by」ほか、ヒット・ナンバーを多数生み出してきたELTのコンプリート・ベスト。彼らが発表した全シングルから、ファン投票によって厳選された楽曲を収録。(CDジャーナル)

  • 33 | 

    2010年にデビュー10周年を迎える倖田來未の、2月3日発表の作品。「恋のつぼみ」「夢のうた」などのヒット曲を網羅した自身3枚目となるベスト・アルバムに同日リリースの8thアルバムの着うたが付いたタイプ。(CDジャーナル)

  • 34 | 

    TV番組やCM曲、映画使用曲など、耳なじみのある話題の洋楽メガヒット曲を満載したハイクオリティ・カヴァー・アルバム!キラーチューンがテンポ良く次々飛び出すノンストップ・コンピレーション。

  • 35 | 

    エクササイズ、フィットネスなどにピッタリの洋楽メガヒット曲を満載した、ハイクオリティ・カヴァー・アルバム!キラーチューンがテンポ良く次々飛び出すノンストップ・コンピレーション。

  • 40 | 

    倖田來未によるおなじみのバラード曲をコンパイルした、冬にぴったりなバラード・コレクション。気がつけば日本を代表する女性ヴォーカルの立場を確立して長い時間が経ったが、決して色褪せない名曲にあらためて触れるのも新鮮。新曲も2曲収録したまさに決定盤。(CDジャーナル)

  • 45 | 

    92年から95年までの楽曲を厳選したベスト盤。「CROSS ROAD」や「Tomorrow never knows」など、ポップでキャッチーなヒット曲が満載。彼らが人気を獲得し、地位を築き上げた過程をたどることができる。(CDジャーナル)

  • 46 | 

    CD3枚組で計50曲を収録したベスト盤。選曲にあたっては、売上枚数のほかに、年間で延べ4000万人以上が利用しているというカラオケでの選曲データやファンからの人気ベスト3が考慮されている。まさにファンが好きなドリカムの楽曲ベスト選曲。ファンへの大きな感謝が感じられるアルバムだ。(CDジャーナル)

  • 47 | 

    懐かしのディスコ・ヒット・ナンバーを、ハイクオリティーなカヴァーで収録、シリーズ第2弾。カヴァーだからこそ可能な究極の選曲とお得な価格に注目!迫力のホーンセクションや美麗なコーラスワーク、原曲の時代感まで再現したこだわりのサウンドです。

  • 50 | 

    篠原涼子出演の映画『人魚の眠る家』主題歌「あいことば」やCMソング、コラボソングなど全12曲収録!

全画面ボタ ン
  • 再生 停止

 /  ※試聴は全てシングル(AAC)の音質で再生されます。