スマホ・パソコンの音楽ダウンロード、曲のランキングなら【dミュージック】

アーティスト

  • TOP
  • ハイレゾアルバムデイリー

デイリーハイレゾアルバムランキング

2/24 更新

※このランキングはレコチョク全体のランキングとなります。
当ストアで取扱いのない楽曲も含まれますので、あらかじめご了承ください。

  • 1 | 

    NEOTOKYO EP CRAZYBOY Flac 48.0kHz 24bit

  • 2 | 

    Catch the Moment LiSA Flac 96.0kHz 24bit

    前作「Brave Freak Out」から約半年ぶりとなる11枚目のシングル。表題曲は『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』の主題歌。LiSAの個性を生かし、作品に沿った楽曲に仕上げている。(CDジャーナル)

  • 3 | 

    WAY OF GLORY AAA Flac 48.0kHz 24bit

    前作『GOLD SYMPHONY』から約2年半ぶりとなる10thアルバム。爽快感あふれるアッパー・チューン「NEW」とミディアム・バラード「涙のない世界」などを収録している。(CDジャーナル)

  • 4 | 

    SUPER FLY EXILE THE SECOND Flac 48.0kHz 24bit

    2017年第1弾シングル。SHOKICHIが作詞作曲した表題曲は、80's ファンクの香りがする一曲。カップリングには、アース・ウインド&ファイアーの代表曲「September」のカヴァーなどを収録している。(CDジャーナル)

  • 5 | 

    SPLASH☆WORLD miwa Flac 96.0kHz 24bit

    2017年2月22日リリースの5thアルバム。TBS系ドラマ『コウノドリ』主題歌「あなたがここにいて抱きしめることができるなら」や、自身が主演した映画『君と100回目の恋』主題歌「君と100回目の恋」のオリジナル・ヴァージョンなどを収録。(CDジャーナル)

  • 7 | 

    映画『君の名は。』の英語版主題歌を収めたシングル。「Zenzenzense」や「Nandemonaiya」など、原曲のメロディと日本語詞を元に、ヴォーカルの野田洋次郎が新たに英語詞を書き下ろしている。(CDジャーナル)

  • 10 | 

    秋田ひろむ率いるロック・バンドの2017年2月リリースのシングル。タイトル曲はPS4用ゲーム『NieR:Automata』とのコラボ・プロジェクトから生まれ、"僕等の人生で、命を投げ出すに値するものはなんだ?"という問いかけが印象深い。(CDジャーナル)

  • 11 | 

    2017年第1弾シングル。表題曲は「よみうりランド ジュエルミネーション」のイメージ・ソング。カップリングに生田斗真主演の映画『彼らが本気で編むときは、』の主題歌にして、シンディ・ローパーのカヴァー「True Colors」を収録している。(CDジャーナル)

  • 12 | 

    ◆本作品(Trk.10~16)は16bit/44.1kHzのマスター音源をビクタースタジオ FLAIRが有するオリジナル技術『K2HDプロセッシング』を用いハイレゾ化した作品となります。

  • 13 | 

    まだ誰も知らないSuchmos。ストリートの殻を破り洗練されたNEW AGE。6 人の点(IN) - 線(OUT)に繋がった、間違いなくジャンルレスな挑戦作「THE KIDS」完成。

  • 14 | 

    Ambitions ONE OK ROCK Flac 48.0kHz 24bit

    前作『35xxxv』から約2年ぶりとなる、海外レコーディングされた8枚目のアルバム。NTTドコモのCMソング「Always coming back」や映画『ミュージアム』主題歌「Taking Off」などを収録している。(CDジャーナル)

  • 15 | 

    邦楽カヴァー・アルバム『Request』シリーズの第3弾は80年代の名曲集。「六本木心中」や鈴木雅之とデュエットした「ロンリー・チャップリン」「恋におちて」「つぐない」「ラヴ・イズ・オーヴァー」など、カラオケで根強い人気を誇る15曲を収録。昭和のスナックにいる感覚に浸れます。(CDジャーナル)

  • 16 | 

    君の名は。 RADWIMPS Flac 48.0kHz 24bit

    2016年8月24日リリースのアルバム。映画『君の名は。』のために制作された「前前前世」「スパークル」や劇判を収録。ヴォーカルの野田洋次郎のほかにギターの桑原彰とベースの武田祐介が楽曲を手がけている。(CDジャーナル)

  • 17 | 

    前作『PLANET SEVEN』から約1年2ヵ月ぶりの6thアルバム。元ガンズ・アンド・ローゼスのスラッシュを迎えた「STORM RIDERS」や"第57回日本レコード大賞"受賞曲「Unfair World」などを収録している。(CDジャーナル)

  • 18 | 

    Shadow and Truth ONE III NOTES Flac 96.0kHz 24bit

    タイトル曲は、TVアニメ『ACCA 13区監察課』のオープニング主題歌。歌唱を担当するのは、プロデューサーの高橋諒によって結成したスペシャル・ユニットONE III NOTES。ジャジーかつ、グルーヴィなアレンジに仕上がっている。(CDジャーナル)

  • 19 | 

    S×W EP 春奈るな Flac 96.0kHz 24bit

    2017年2月22日リリースのコラボレーション・ミニ・アルバム。KOTOKOが作詞した「S×W-soul world-」やAKIRA、戸松遥、真山りか(私立恵比寿中学)、三澤紗千香らが参加した楽曲を収録している。(CDジャーナル)

  • 20 | 

  • 21 | 

    恋をする 中島美嘉 Flac 96.0kHz 24bit

    前作「Forget Me Not」から約3ヵ月ぶりとなる、2017年第1弾シングル。表題曲はDHC「F1スキンケア」のCMソングのために書き下ろされた、疾走感のあるアップ・テンポな一曲だ。(CDジャーナル)

  • 22 | 

    ユメミル雨 新居昭乃 Flac 48.0kHz 24bit

  • 24 | 

    メロウで深みあるピアノ・サウンドが堪能できるアダルトな香りのピアノ・ジャズ集 独創的かつ高音質な作品作りで知られ、欧州ジャズ・ファンの間でも一目置かれる存在であるイタリアを代表するジャズ・レーベル「ALFA MUSIC」の数多くの作品の中から、優しくしっとりと奏でるピアノの音色が光る楽曲ばかり集めたコンピレーションが登場! 正統派から個性派まで並んだALFA MUSICのアーティストであるが、根底に流れる音楽への愛情と、ジャズへのリスペクトを感じる深い音色がどのアーティストにも感じる共通項。その中でも気持ちよくしっとりと流れるピアノの音色が印象的な曲を中心にピックアップしたアルバム。 収録されたミュージシャンは、大ヒット作「TRINACRIA」でおなじみ、寡作ながらいつも期待を裏切らないメロディアスなプレイを聴かせてくれるアンドレア・ベネヴェンターノ(M-2、5、6、12)、耽美なサウンドと叙情的メロディーが光る新進気鋭のピアノ・トリオのラファエル・ジェノベーゼ・トリオ(M-3、23)、クレズマー・バンド出身のサキソニストであり哀愁深いサウンドが魅力のガブリエル・コー

  • 26 | 

    東へ Gothted Flac 192.0kHz 24bit

  • 27 | 

    re:Action スキマスイッチ Flac 48.0kHz 24bit

    2017年2月15日リリースのリアレンジ企画盤。奥田民生、小田和正、KAN、真心ブラザーズ、RHYMESTER、ベニー・シングスらをプロデューサーに迎え制作された、代表曲のリアレンジ・ヴァージョンを収録。(CDジャーナル)

  • 28 | 

    ラ・ラ・ランド(オリジナル・サウンドトラック) ヴァリアス・アーティスト Flac 44.1kHz 24bit

  • 29 | 

  • 30 | 

    大塚 愛 Flac 48.0kHz 24bit

    前作から約2年9ヵ月ぶりとなるシングル。"私をもっと生きよう"というテーマの表題曲は、フジテレビ系ドラマ『嫌われる勇気』主題歌。カップリングには「サクラハラハラ」などを収録。(CDジャーナル)

  • 32 | 

    2017年第1弾シングル。フォール・アウト・ボーイのヴォーカリスト、パトリック・スタンプがプロデュースした表題曲は、園 子温監督の映画『新宿スワンII』主題歌。リミックス音源なども収録している。(CDジャーナル)

  • 33 | 

    2016年現在、もっとも鮮烈に"今"を感じさせる横浜・茅ヶ崎発バンドの4曲入りEP。夜遊びがテーマの「STAY TUNE」は、ストリート目線で体制側の遊び場にカウンターパンチを食らわす歌詞が強烈。それを流麗なグルーヴとファルセットを交えた美声で、エレガントにやるのがニクい。レゲエの魂をソウルに宿したような「FACE」は、半音を巧みに使ったベース・ラインに腰が砕ける。エロに踏み込んだ「BODY」、ライヴの昂揚感を伝える「S.G.S.2」まで全曲、一分の隙もない。限定盤は8曲入りライヴDVD付き。(CDジャーナル)

  • 35 | 

    グラミー賞ノミネート作の前作『ネイザン・イースト』に続く2ndソロ・アルバム。オリジナル楽曲のほか、フィリップ・ベイリーが参加したアース・ウインド&ファイアーの「ラヴズ・ホリデイ」などのカヴァー曲も収める。(CDジャーナル)

  • 37 | 

    デビュー・アルバムが500万枚の売上げを記録したジョシュ・グローバンの2ndアルバム。名曲「トゥ・ホエア・ユー・アー」への返歌「ユー・レイズ・ミー・アップ」を収録した充実作だ。(CDジャーナル)

  • 38 | 

    定番シリーズ中屈指の人気タイトルの続編がリリース!! 発売以来、リリースするタイトルが軒並みチャートインで癒し系タイトルの定番作品となった「ぐっすり眠れるα波」シリーズから、前作も好評だった「クラシック ピアノ・ベスト」の第2弾が発売!今作でもどこかで聴いたことのあるクラシック曲を中心に、原曲の良さを生かしながら眠りにも優しいゆったりとしたアレンジで演奏をしています。 静寂な夜にピッタリのピアノインストゥルメンタル作品でぐっすりと快適な時間&睡眠を。

  • 39 | 

    VEDA LM.C Flac 96.0kHz 24bit

    2016年に結成10周年を迎えたヴィジュアル系ロック・ユニット、LM.Cのアニバーサリーを飾るフル・アルバム。世界に活動範囲を広げている彼らならではと言うべきか、独特の"和"を感じさせる奔放なナンバーにますます磨きがかかってきた。妖艶であり、勇ましくもある。(CDジャーナル)

  • 40 | 

    Violet Cry GARNiDELiA Flac 96.0kHz 24bit

    女性ヴォーカリストのメイリアとコンポーザーのtokuからなるユニットの2ndフル・アルバム。TVアニメやゲームのテーマ曲となったシングル3曲のほか、バラードからアッパーな曲まで彼らの魅力が存分に堪能できる全13曲を収録。(CDジャーナル)

  • 41 | 

  • 44 | 

    1960年代後半からおよそ50年間にわたって、アメリカン・ポップス界で活躍し続けてきたシンガー・ソングライターの2枚組ベスト。数多くの名曲を作り、他アーティストにも提供してヒットさせるなど、アメリカン・ポップス界に大きな功績を残した彼の足跡を最新リマスター音源でたっぷりと味わえる。(CDジャーナル)

  • 45 | 

    Go! Go! Let's Go! E-girls Flac 48.0kHz 24bit

    前作「Pink Champagne」から約3ヵ月ぶりとなる、2016年第3弾シングル。表題曲はE-girlsらしい、エッヂの効いたパフォーマンスを堪能できる一曲だ。(CDジャーナル)

  • 46 | 

    迦陵頻伽 陰陽座 Flac 96.0kHz 24bit

    日本のメタル・バンドの通算13作目。リーダーの瞬火によれば、結成時からいつかは迦陵頻伽をテーマに作りたかったという。こだわり抜いた曲の数々は、凛とした美しさと同時に、陰陽座の様式美を醸し出す。メロディの充実ぶりと曲ごとの多様なアプローチには、酔いしれるほど。★(CDジャーナル)

  • 47 | 

    前作『アンオーソドックス・ジュークボックス』から約4年ぶりとなる3rdアルバム。フューチャリスティックなファンク・ナンバーの表題曲をはじめ、ゴージャスな楽曲を収録している。(CDジャーナル)

  • 48 | 

  • 49 | 

    『機動戦士Zガンダム』主題歌でデビュー、"バラドル"というジャンルを確立し、近年ではミュージカルにも挑戦する森口博子のデビュー25周年記念アルバム。彼女自身が選曲したセルフベスト的な内容となっている。(CDジャーナル)

  • 50 | 

    通算20作目のシングル。T.Kura &michicoが楽曲を制作した「Welcome to TOKYO」は、未来を切り開こうとする意思を込めた一曲。コーセー70周年企業広告CMの「BRIGHT」はEDMベースのポップ・ミュージック。(CDジャーナル)

全画面ボタ ン
  • 再生 停止

 /  ※試聴は全てシングル(AAC)の音質で再生されます。